このエントリーをはてなブックマークに追加

Jun

15

サポートベクターマシン (SVM) を理解したい人のための理論 & ハンズオンセミナー

SVMをPythonで実装しながら理解しましょう!

Registration info

セミナー参加者枠

4000(Pay at the door)

FCFS
0/6

Description

内容概要

統計や機械学習の理論は数式が多く出てきます。
とはいえ数式だけではなかなかとっつきづらいです。
そのため今回は、回帰や分類問題でしばしば用いられる、
サポートベクターマシン (SVM; Support Vector Machine)の実装を行いながら、
その考え方の理解の手助けとなればと考えています。
特に、図による説明に重きを置きたいと思います。

これを機にSVMを深く理解しましょう!!

開催日程

6/15(土) 
受付   :15:50〜16:00
講義   :16:00〜18:30

アジェンダ

・SVMの考え方(70分)
      マージンとは何か
  ハードマージンからソフトマージンへ
  SVMの特徴
  SVMによる分類
  SVMによる回帰
  他の手法との比較

・実装で学ぶSVM(70分)
  scikit-learnによる実装 
  理論の復習再び

※
細かいアジェンダは若干変更になる可能性があります。

会場

水道橋駅、神保町駅、九段下駅周辺
千代田区西神田2-7-14 YS西神田ビル2F

当日のお持物

・ノートとペン
・ノートPC
=> ある程度のスペックは欲しいので、5年以内に購入したくらいのものだと嬉しいです。
=> また、WindowsよりもMacの方が環境構築が楽なので推奨です。

事前準備

特に必要ありません

費用

・4,000円(2.5 時間)

定員

6名(人数に合わせて調整します、別媒体でも募集していますので申し込み人数は当日参加者数を反映しません)

ご参加にあたってのお願い

無断欠席や前日以降のキャンセルに関しては当日人数読めなくなり非常に迷惑なので
基本的に行わないようにお願いします。(直前参加は定員的に問題なければ歓迎です!)
体調不良、職務都合、ご家庭の事情などどうしてものケースは別途ご連絡いただくか、
イベントへのお問い合わせよりご連絡いただけますと嬉しいです。
上記がひどいアカウントに関してはブラックリスト処理を行い以後の参加をお断りさせて
いただきますので、その点だけ予めご了承ください
(7割以上来れる前提でのお申し込みと前日以降のキャンセルはメッセージでのご連絡を
いただくということだけ気をつけていただければ大丈夫だと思います)

モチベーションの高い参加者の方を重視する運営としていきたいと考えています。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

TatsukiFUKUSHIMA

TatsukiFUKUSHIMA published サポートベクターマシン (SVM) を理解したい人のための理論 & ハンズオンセミナー.

05/27/2019 22:32

サポートベクターマシン (SVM) を理解したい人のための理論 & ハンズオンセミナー を公開しました!

Group

Liberal Arts for Beginners

Number of events 351

Members 865

Ended

2019/06/15(Sat)

16:00
18:30

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2019/05/27(Mon) 22:07 〜
2019/06/15(Sat) 18:30

Location

水道橋駅周辺

千代田区西神田2-7-14 YS西神田ビル2F